読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子が衣装に着替えたら

ライブハウスとサッカースタジアムに溺れる人による、アイドルとその周辺の音楽のこと。

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票しました。

年末年始の風物詩、ジャニーズ楽曲大賞に投票しました。
私、女性アイドルは昔から好きでそりゃあもうクソDDなんですけど、その反面「男性アイドル」にはあんまりハマらずに生きてきました。音楽を聴くようになった小学校高学年の頃から、ずっと私がキャーキャー言ってきたのがロックバンドだったのと、あと割と最近まで「年下の男の子を応援するのは抵抗があるなぁ」と脳内でなんとなく壁を作っていたり、男の子がキラキラ可愛い曲を歌ってること自体にあまり魅力を感じなかったり…。

そんな私も、まさかの「ラジオから流れてきた知らないアーティストの歌声が気に入って、なんとなく良いなと思っていたら後日ジャニーズのNEWSのメンバーのうち2人が組んだデュオだと判明した」という想像だにしない形でジャニーズに入門し、紆余曲折を経てNEWS本体に流れてしまいました。
入門のきっかけがそんな感じだったので、他のグループはマジメに追ってなかったんですが、「どうやら関ジャニ∞怒髪天が楽曲を提供しているらしい」と知ったことをきっかけにツタヤのカードを作ったり(その時借りた「JUKE BOX」ってアルバムがむちゃくちゃ良くてびっくり!)、同僚がジャニヲタでシフト的に振り回されたりしたので、多分本籍がバンド沼の人間の割には私はジャニーズに詳しいはずです(自称)。

というわけで、前置きおわり。本題。

【楽曲部門
1位:「侍唄」関ジャニ∞
→1年の最後に凄いの来ちゃった!
外から見るとバラエティ色の強いイメージを受ける関ジャニ∞が、落ち着いた曲をバンドでやる、その画からして素敵。アルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」が凄くいいアルバムだったんだけれども、その勢いを落とさないどころか、更に上をいった曲だと思います。
ただ、この曲、レキシの池田貴史さん提供曲で、私は「アイドル楽曲大賞」でも1位を池ちゃん曲(Negicco「ねぇバーディア」)にしているので、「私…もしかして池ちゃんのこと…!?」という疑惑は残っています。。

2位:「最後もやっぱり君」Kis-My-Ft2
つんくさん提供曲。
長年ハロープロジェクトの女性アイドルには楽曲提供とプロデュースを行っていたものの、男性アイドルは過去にTOKIOに提供したくらいで未知数かな?と思っていたら、まさかのど直球のバラード!ストレートなラブソングに胸が熱くなったし、つんくさんが男性目線の曲の歌唱を託したのがアイドルだったことに目頭が熱くなってしまう。
あと、個人的にこれまで全くキスマイの曲って聴いてなかったので(メンバーの顔と名前も一致しないという一般人以下の最悪の状態)、このアーティストで最初に意識した曲っていう、印象に残りやすい状態でもありました。

→「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」がびっくりするほど良かったんだけど、全体的にいわゆる邦ロック寄りのサウンドになっていた中で、この曲が90年代のロックを彷彿とさせるサウンドになっていて、それでいて且つ凄くアイドルらしいかっこよさ!
個人的には、関ジャニ∞はバンドでしょう!ロックフェスとか出ようよ!と思ってるんだけど、彼らのバンドマンでもバラエティタレントでもなくアイドルとしての顔がアルバムにきっちり収録されてるのは、凄く意味があると思ったんです。

4位:「勝手に仕上がれ」関ジャニ∞
→ごめん、やっぱバンドだわー関ジャニ∞は。「High Spirit」とセットだと思うけど、5曲しか選べないのでこっちに投票。
私はOKAMOTO'Sのファンなので、OKAMOTO'Sが作った曲を関ジャニ∞とエイターさんたちが完全に自分たちの曲にしてること自体が物凄く嬉しいというのもあるけれど、この曲は絶対ライブで聴きたい!踊りたい!と感じさせる曲。バンドセットで夏フェスとか出てくれないかなー。

5位:「東京ドライブ」TOKIO
→長瀬くんの書く曲が好きです。
渋めの展開から、広がりあるサビに行く展開が最高に心地よい。また夏のロックフェスとかで、他のバンドに混じって観れたら良いのにと思う。

次点はKAT-TUNの「Dead or Alive」。6曲選べるならこれでした。

【MV部門
四銃士」NEWS
→NEWSの姿、指揮をとる西本智実さん、オーケストラの迫力、どれを取っても格好良さしかなく、ため息しか出ません。そりゃあDVDシングルにするよ…。
オーケストラシーンの素晴らしさはもちろん、それ以外のシーンも秀逸。特に幕張メッセを歩いてるシーンは、ただ幕張メッセを歩いてるだけでカッコ良いという前代未聞ぶり。アラサー成人男性4人だよ!?これは人類史上初では!?「成人男性4人組対抗幕張メッセをカッコ良く歩く選手権」とかあったら優勝間違いなし。あと、手越はカメラ映えしすぎだと思う(褒めてる)。

【未音源化部門
「勝つんだWIN」Mr.king vs Mr.prince
→この曲、なんかの番組(少年倶楽部?)で偶然聴いてしまった時に、サビラストの「勝つんだWINー!」の部分だけが頭から離れなくなり、しばらく苦しみました(褒めてる)。アイドルとして、とても正統派の曲だと思う。

【コンビ部門
→テゴマスからNEWSに入っておいてこの回答はあんまりだと自分でも思ってるけど、コヤシゲだと思う。

【自担部門
増田貴久
→ここまで回答を入力して、最後に「好きなのはまっすー」と入力したのは、自分の立ち位置確認としてとても大事だったと思いました。危うく立ち位置が迷子になるところでした。
上に「年下の男の子を応援するのに抵抗があった」と書いたけれど、その壁を一番最初にぶっ壊したのが、ラジオから流れてきた増田くんの歌声でした。あの時、たまたまラジオを聴いてなかったら、私の音楽についての見識は、もっと狭いままだったんだろうなぁと思います。