読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子が衣装に着替えたら

ライブハウスとサッカースタジアムに溺れる人による、アイドルとその周辺の音楽のこと。

ライブDVD「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!」を見た感想。

半年ぶりの更新です。その前にイエローモンキーのライブに行った話を書きたかったんですが、十数年の思いが詰まりすぎていて、ここ2ヶ月半何度書き直してもエモーショナルな長文ポエムになり結局書き上げられなかったので、リハビリに関ジャニ∞のライブDVDの感想を書いておこうと思います。


私には妹がいる。

そして、私たち姉妹は仲が良い。こう書くとアレだが、事実なので仕方がない。姉妹ともいわゆる邦ロック系のバンドが好きで、中でも2人とも長年大好きなアジカンのライブやライジングサンロックフェスには、何度も何度も一緒に行っては泣き笑いを共有してきた(泣くのは涙もろい私)。一番最近だとUNISON SQUARE GARDENのライブに一緒に行った。

 

しかし、いわゆる邦ロック沼住民だった私が突然NEWSにハマってしまった数年後、今度は妹が突然「関ジャニ∞」にハマってしまった。こうして、邦ロック姉妹だったはずの私たちは、うっかり兼ジャニヲタ姉妹になってしまったのである(*1)。

 

そして、関ジャニ∞にハマってしまった妹は、私にライブDVD「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!」を貸してくれた。
このDVD、ドームツアー「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!」のツアーファイナルを収録したものだが、当日メンバーの大倉忠義くんが腸閉塞にかかってライブに参加できなかったため、「大倉くんのいない6人の関ジャニ∞」のライブが収録されている。「大倉くんのいない日の公演をパッケージ化」「大倉くんの不在をあたかも売りにするようなジャケットと宣伝」「完全生産限定にすることで購買意欲を煽る」等の理由により、このDVDは発売すること自体が炎上していた。収録用のカメラを複数公演に入れるのは難しかったんだろう(*2)という事情はわかるが、発売にあたってのプロモーションの方法が他にあったのではないか?と思えてならない。
そんなわけで、私が初めて見る関ジャニ∞のライブDVDは大倉くん不在のものだった。が、色々語りたい点はあったので、感想を書いておこうと思う。


【容赦なく晒される男eighter】
MCで村上くんが男女煽りをやっていた際、客席内で少数派である男eighterがガッツリ晒されていた。みんな一様に照れくさそうながらも楽しそうで、大倉くん不在でも現場の空気は沈み切ることはなかったんだろうなと思われた。泣いてる観客を映すのは(嬉し涙でも)好きじゃないけど、楽しそうな良い顔した観客が映るのは、現場の空気が伝わるようで私は好きだったりする。

 

ここに大倉くんがいたらもっといい顔だったんだろうな…。

 

【スタッフ煽りがいい!】
「男ー!」「女ー!」の煽りは色んなアーティストのライブでも聞くけれど、その流れで「スタッフー!!」という煽りを入れているのが凄く良かった。以前aikoさんのライブに行った際「男子!女子!そうでない人!」の流れで「スタッフ!」という煽りをやってるのを見て、「ライブはアーティストと観客だけで作るものじゃないよな〜」ということをしみじみ思っていたので、同じライブを作り上げる仲間としてスタッフも煽っていく関ジャニ∞の姿勢にグッときた。

 

ここに大倉くんがいたらもっと煽りがかっこよかったんだろうな…。

 

【機材トラブルがそのまま収録されていた】
バンドセットの際、ムービングステージ(透明なステージがアリーナの観客の頭上を移動していく凄い装置)を使用していたが、そういう状況のせいか途中で丸ちゃんのベースから音が出なくなってしまうトラブルが起こってしまっていた。それをムービングステージ上でスタッフの方がリカバリしようする姿が隠すことなく映りこんでおり、また「ベースの音が出ていない」ライブの音も修正されることなく収録されていた。音が出ないトラブルは生演奏あるある。当然機材トラブルがないのが一番望ましいが、(スタッフの姿も、音が出なくて焦る丸ちゃんの姿も映像作品に収録しない選択だって出来たはずなのに)起こってしまったことを隠さず、音声の修正などもせずにそのまま収録したことに、バンドとしての意地みたいなものを感じた。

 

そもそも、一番のトラブルはライブDVDに大倉くんがいないことだしね…。

 

【凄い勢いでヘドバンしてるファンを見て泣いた】
このツアーでは、私の好きなバンド・OKAMOTO'Sが楽曲提供した「勝手に仕上がれ」がセットリストに入っていた。アルバムの1曲目から間髪入れずにはじまる2曲目に収録されていたので、ツアーでは序盤に披露するものだと思っていたら、実際はライブ後半の要になるような位置に置かれていた。
楽曲解禁時からeighterさんの反応が非常に良かったので、ツアーも盛り上がったのかな?とは思っていたが、一番とも言えるほどの凄まじい盛り上がりだった。OKAMOTO'Sが関ジャニ∞に贈り共に作り上げた楽曲で、京セラドームの数万人のファンが拳をあげて熱狂する姿をみて、思わず目が潤み、途中ステージなんて絶対見えないくらいの勢いでヘドバンするお姉さんが映った時に私の涙腺は決壊してしまった。これほどに楽曲の持つ力を最大限に生かしてくれるアーティストに、OKAMOTO'Sが楽曲提供出来たなんて嬉しすぎ!

 

ここに大倉くんがいたら100倍泣けたんだろうな…。

 

【特典映像のMC集をつけてくれてありがとう】
またOKAMOTO'Sの話なんですけど、まだこのライブツアーが行なわれていたとき、ツイッター上で「丸ちゃんが『ハマさん大好き〜❤️』ってデレデレしながら言ってた」ってツイートが流れてきて、そういうのはテレビで言うか映像化しろ!そして私に見せろ!と思っていたら、映像化していました!やったね!というわけで、OKAMOTO'Sのファンの方は皆様、周りのeighterさんから借りて見てください。

 

特典映像で大倉くん観れたけど、本編にも大倉くんがいたらもっと楽しかったんだろうな…。

 

ところで、「関ジャニ∞の元気が出るCD!」「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!」ときて、なんで「関ジャニ∞の元気が出るDVD!」じゃないの?


*1…邦ロックとジャニーズは、遠いようで実はかなり近接した沼であり、なんと私の周囲の人間は次から次へと転落している。共通して皆言うのは「私は大丈夫だと思っていたんだけど…」。この現象にはそろそろ名前が必要だ。
*2…NEWSは今年のツアーで東京ドーム以外に、アリーナの最終公演にも収録用カメラが入ったけど、これを受けてのリスクマネジメントだったのでは?とちょっと思っている。


※この後に「お前のハートをつかんだる!!」も観たんですが、ライブBlu-ray見るたびに感想書くのもアレなので次はライブ行った時に書きたいな〜と思います。