読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子が衣装に着替えたら

ライブハウスとサッカースタジアムに溺れる人による、アイドルとその周辺の音楽のこと。

「第14回 ハロプロ楽曲大賞'15」に投票しました。

毎年のヲタ活の総括、ハロプロ楽曲大賞の季節が今年もやってきました。

こちらも毎年投票していますが、毎年結構悩んでおり、自分は自分が思ってるよりもハロプロの音楽が好きだったんだなーと再確認しています。

今年はハロプロにとって変革期となり「次の楽曲は誰が作詞作曲なのか」という、今までにはあり得なかったところに注目が集まった年でもありました。よく考えたら、今までの楽曲大賞って、ハロプロ楽曲大賞でありながら、つんく楽曲大賞でもあったんだよねーとぼんやり考えたりもしています。

 

【楽曲部門

1位:大器晩成 / アンジュルム

2位:CHOICE&CHANCE / Juice=Juice

3位:乙女の逆襲 / アンジュルム

4位:わかっているのにごめんね / カントリー・ガールズ

5位:ドンデンガエシ / アンジュルム

→今年はアンジュルムの年だったと思います。

昨年、「スマイレージ」はこのままで良いんだろうか?と思い、楽曲大賞の投票記事に文句をぶーぶー書いたんですが(ログは諸事情により消えています)、アンジュルムとして生まれ変わった今年は、私がアンジュルムに求めていたものはこうだったんだよー!と雪原に向かって叫びたくなるような年でした。

「大器晩成」ハロプロ史に残る名曲!「シャッフルユニット等以外のハロプロアーティストにつんくさん以外が楽曲を提供する」という久々の状況に対する、不安や懐疑的な声をも全て吹っ飛ばした快作!ほぼ生音で録音されたオケも小気味良く、新しいハロプロの幕開けがこの曲で、本当に良かった。個人的には、ハロプロ外も含めた、今年の全楽曲の中でもナンバーワン。素晴らしい楽曲を快くカバーさせてくれた中島卓偉さんには感謝してもしきれません(リリースはアンジュルムが先になったけれど、元々は中島卓偉さんが自分のアルバムに収録するために制作した楽曲)。

「CHOICE&CHANCE」J=Jのアルバムは街行く人全員に勧めたいレベルの名盤だったけれど、これが2曲目に入ったことによる締まり方が半端無かった。J=Jらしさと、新しさの絶妙なバランスが最高。

「乙女の逆襲」大器晩成のインパクトに押され気味だけれども、この曲の破壊力も凄いものが。途中で唐突にバレエっぽくなったりするあの下りは、ハロプロの中でもアンジュルムにしか出来ないかも?と思わせてくれた。

「わかっているのにごめんね」ハロプロからこんなベッタベタにベタな正統派アイドルを出してくるとは思わなかった。楽曲はストレートに可愛いんだけど、身も心もババアに徹するももちの「若いっていいわねぇ〜」が刺さる。ももち!あなたも十分若くて何しても可愛いよ!(ももちの思うつぼ)

「ドンデンガエシ」今年のアンジュルムの凄かったところは、大器晩成で終わらずに良曲を連発したところにあったと思う。シングル3枚全部良かったけど、3枚目で「運命の大逆転劇」って歌詞を歌わせたのは、自信の現れだと思った。

 

【MV部門

1位:青春小僧が泣いている(Another ver.) / モーニング娘。'15

2位:Love together! / Berryz工房

3位:魔法使いサリー / アンジュルム

youtu.be

→個人的には、青春小僧のアナザー一択でしょ?ってくらいぶっちぎり。ハロプロのMVにはダンスとリップを組み合わせただけの単純なものが多く、MVに関しては完全に飽きていたので、こういうのを制作してくれたことが単純に嬉しいし、ズッキいるし、制服可愛いし、意味不明な世界観大好きだし、チアも可愛いし、ダンスシーンにズッキがいないことを感じさせないカット割りの上手さが良いし、とりあえず可愛い。これが本MVで良かったのにな〜。

「Love together!」YouTubeに上がってるバージョンには含まれていないラストシーンがキモだったなんて…。コンプリート盤の特典のMV集を見て、テレビ前で愕然。買わなきゃわからない仕掛けを最後に仕組むなんて。。。

魔法使いサリー」単純に可愛い。かわいすぎ。アイドルとはかくあるべき。

 

【推しメン部門

道重さゆみ

→推しが卒業して初めて、OGに投票出来ることを知りました。

 

最後に。

今年は北海道でもハロプロ現場が非常に多く組まれていました。娘。、アンジュルム、カンガル、こぶしはワンマンやったのかな?リリイベもぼちぼちあったと思います。ほとんど行けませんでしたが、札幌住んでたら天国だろうなーってレベルだったかと。

昨年さゆが卒業したとき、行っても寂しくなるだけだからもうハロプロは在宅でも良いかなーと思っていたんですが、「ベリ最後だから一応行っておこう」と思って行ったハロコンが強烈で、結局そのままズルズルライブに行ってるので、もう私は絶対ヲタ卒できないんだと痛感しました。

ベリを見たいと思って行った冬のハロコン。実は初めてのハロコンでした。娘。装備で参戦しておきながら「永久の歌」を聴いて号泣し、ヤバい!と思って両隣を確認したら、隣の℃-ute装備のおっちゃんも反対隣の℃-ute装備のお姉さんもどちらも号泣してて、更に涙が止まらなくなったり、通路側の席だったため降臨の恩恵を受けすぎて頭が真っ白になったりしました。めいめいと分単位で見つめ合ってしまい、軽率に推し変しました。めいめいかわいいハロコン楽しい。

一方夏のハロコンは「JOIN ALIVE」という夏フェスの1日目と日程が重複し、「OKAMOTO'Sチームしゃちほこスピッツ」を取るか、ハロプロを取るか?という苦渋の決断を迫られ、クソDDの私は「バンドもアイドルも見れた方がお得」と判断してJOINに行ったため行けなかったんですが、豪雨の中で「涙がキラリ☆」を聴いて号泣し、これで良かったんだ…と心の底から思ったので、多分良かったんだと思います。ベリラストハロコンには行ったのに、まろラストハロコンには行かず、まろには悪いことをしたと思っている。

ちなみに、JOIN札幌に前乗りすれば行けるじゃん!と、夏のハロコン前日に行われたJ=Jワンマンに行こうとしたら「学会が3件重複して札幌の宿泊施設が軒並み満室」という状況により行くことが出来なかったので、そっちは今でも悔しい(当日券出てたんだよー)。

娘。は史上初めて春ツアー、秋ツアーの両方で札幌公演が組まれ、その両方が昼夜ともにソールドアウトという盛況ぶり。どちらも行きましたが、どちらもうっかり涙目になったりしました。特殊スキル「親の気持ち」が何度発動したか…。あの頃、自分より少しだけお姉さんだったモーニング娘。が、今や自分がファンになった後に生まれた子が在籍しているグループになっているというね。それでもやっぱり、好きです。

 

℃-uteにだけなぜか北海道が干されているので、来年のツアーは北海道公演があることを願い、今年の総括とさせていただきます。来いよ。